So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映画 万引き家族 観てきました。 [映画]

週末に「万引き家族」を観てきました。
なんかNHKのドキュメントを観た気分。とっても地味な映画です。映画としてどうと訊かれると困るけど、気になる人は観て損する映画ではないと思います。

今日本で問題になっている社会の底辺で起きていることが、この家族を通じていろいろな形で映し出されています。是枝監督はこの映画を通じてそれらをどう思うか、これでいいのかと世に問うているような気がします。

映画の最初の方でベランダに出されている幼い女の子を連れて帰ってきて一緒に生活していくのですが、あの船戸結愛ちゃんもこうして連れ出してもらっていたら死ななくてすんだかもしれないと観ながら思ってしまいました。
その他にも小学校に行ってない男の子、親の期待に沿えなくて外国に行ってることにされている女子高生(年齢的に大学生かも)、夫にDVされて正当防衛で殺してしまった女性、万引きしか教えてあげられない日雇いの男などいろいろワケありな人たちが一緒に住んでいて、年寄りの年金と万引きとで生活しています。血のつながった人は誰一人としていないけどとっても家族している?人達。最後は男の子がその生活をやめたくて警察に捕まったところから、全部ばれてバラバラになってしまいますが…。

血のつながりってなんだろうと思います。特に私は兄のことなどいろいろあったからですが、当時、血のつながりのある人たちより心ある他人の方が私を助けてくれました。なので血は水より濃いなんてこれっぽちも思っていません。

そして先日も書きましたが、子育ては親にしかできないとは思っていません。
親の資格のない、親になれない(普通は不器用ながらも親になっていく)なる気のない人に育てられるより、他人でも親になる気のある人に育てられる方が子供にとってずっといいと思ってるからです。


この場合は色々な事情があって一緒に暮らしているけれど、私は事情はなくても、結婚や親子でない人たちが一緒に暮らしてもいいなあと思っています。
寮生活のようだけど、自分の部屋とみんなが集まれるリビングがあれば気の合う同士が助け合いながら一緒に暮らすのもいいなあと。
人は必ずしも結婚するとは限らないし、といって一人暮らしも孤独で心細いので、いわゆる家族よりはプライベートの部分を大切にできる生活の仕方で同居できないかなあと思っています。

年を取ると一人暮らしになる確率が多くなるけれど、高齢者サービス住宅ではちょっと不自由(それに結構高い)だなあと思ってる人同士が同居できないかなあなんて思っています。お金があったら高級老人ホームがそれにあたるんですけどね。


是枝監督は「そして父になる」で高給取りのエリートサラリーマン家族と平均より所得の低いと思われる家族を対比させていましたが、今度ぜひ高級取りのエリートサラリーマンや上流階級の人たちのこういう部分を描いて欲しいと思います。底辺の人達はニュースになるし社会問題として取り上げられることも多いですが、上流階級の人たちは隠すことができるので表に出ません。でもその中で苦しんでいる人も結構多くいるのではと思うのです。この映画の中で松岡茉優さんの演じる柴田亜紀がそれにあたりますが、あまり深くは描かれてませんでした。でも実の娘がどこにいるかわからなくても平気というのも変だと思いませんか?そんな人たちと一緒に暮らすのも苦痛で、大人になったら出ていってしまいたくなるかな~。

ともかく 万引き家族 気になる人はどうぞご鑑賞くださいませ。







nice!(0)  コメント(0) 

「シン・ゴジラ」(庵野ゴジラ) 観てきました [映画]

楽しみにしていた「シン・ゴジラ」 なるべく大きなスクリーンでということでこの日曜日に観てきました。
面白かった!
エヴァンゲリオンを観たことがないので、初庵野です。
オタク的な方なんでしょうか?ともかくフルスイングで製作されたように思います。

今の日本にもしゴジラが現れたなら  という設定でどんどん話が進んでいくのですが、多分今同じようなことが起こったら、こういうふうに事が進むんだろうなという内容です。

使われている言葉に専門用語が多いので低学年の小学生にはつらいかも。
ある一定年齢以上でないと楽しめないかもしれません。でも観てほしいです。

余談ですが映画の中で防衛大臣が女性なんですが、小池さん都知事になりましたね。百合子の乱 成功。



nice!(0)  コメント(0) 

6月25日より 阿弖流為 シネマ歌舞伎で上映 [映画]

6月25日より 阿弖流為 シネマ歌舞伎で上映

aterui.jpg
http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/lineup/31/#yokoku


思ってたより早かったのと、全国の多くの劇場で上映されるようです。
もちろん行きます!



nice!(0)  コメント(0) 

実写版「進撃の巨人」観てきました [映画]

公開前からYAHOO!の映画評に☆1がいっぱい並んでいるのでおそるおそる観てきました。

私は漫画は未読 アニメは一応ざっと見てて面白いなあ~と思っていた人間です。コアなファンからは遠いです。

私としては☆☆☆です。
コアなファンは受け入れないでしょうね~。アニメはどこかヨーロッパ風な感じが、東南アジア風だし、もちろん役者は日本人だし。
でも☆1つほどひどいとも思いませんでした。


映像的にグロイのはOKでした。(でも小さい子はやめといたほうがいいです。)
それとあんまりこわくない…。巨人が襲ってくる感じがしないんです。
立体機動装置は仕方ないかなあ~。アニメはかっこいいもんね。生身の人間がやるにはきついですが、ここはあっさりCGを多用してもいいのではと思いましたよ。

それと冒頭の巨人が表れて人々が逃げ惑うところは、この時期のせいか戦争映画かと思ってしまいました。

ただ後編がどうなっているのかしれませんが、原作はエレンは母親が殺されたので巨人を退治しようとするんだけど、その部分は残しておいて欲しかった。そうじゃないならもっとなるほどという理由を作って欲しかったなあ。

まあお金の無駄とは思いませんので、気になる人は観ておいても損はないと思います。


それと、USJのハリーポッターのように、立体機動装置を使って巨人を退治できるアトラクションができたらと思います。どうでしょうか?



nice!(1)  コメント(1) 

映画「インターステラー」 見てきました。 [映画]

約3時間と長いので心配しましたが、最初から最後まで退屈せずに見ることができました。
ノアの方舟じゃないけど、アメリカ人は地球滅亡が頭の片隅のどこかあなるんでしょうか?
それと途中 「ここでの1時間は地球の7年分」 というのを聞いたら 「あれっこれって浦島太郎?」 と思ってしまいました。もしかしたら浦島太郎はおとぎ話ではなくSFだったのでしょうか?カメは時空を超えてきた宇宙人だったんでしょうか?

私は物理は???なのですが、この映画はきちんと描いてあるようです。
時空を超えるってこんな感じなのかなあと思いながらちょっぴり宇宙旅行気分を味わいました。

地味な映画ですが、じっくり見たい人にはお勧めです。


映画「超高速!参勤交代」 観てきました。 [映画]

sannkin.jpg

http://www.shochiku.co.jp/movie/cho-sankin/product.php

Gtton Jr.が観たいというので家族で観てきました。
しっかりつくった 松竹 時代劇&コメディ映画 でした。
なんかほのぼのしててよかったです。笑いもシュールすぎず、肩が凝らないで観ることができます。
それにこうやって時代劇作っとかないと作れなくなってしまうもんね。
あと、家来の様子が、なぜか昭和のサラリーマンに見えてしまっておかしかったです。お家大事。
殿様の「なんとかせよ。」に必死にアイデアを出す家老の愛らしい姿。

若い人向けではないかもしれませんが、ちょっとホッとしたい人に向いているかも。


nice!(1)  コメント(1) 

ゲキシネ 「ヤマトタケル」  「シレントラギ」 [映画]

yamatotakeru_b.jpg

先日ゲキシネで 「ヤマトタケル」 「シレントラギ」 を観てきました。

「ヤマトタケル」 は今年の6月、新橋演舞場での市川猿之助、中車、襲名興行のものです。
冒頭に2人の口上があります。なんか感動的でした。亀治郎さんも猿之助が襲名できるなんて思ってなかっただろうし、香川照之さんだって歌舞伎の世界に入るなんて思ってなかっただろうし。
一時期猿之助を襲名すると言われていた市川右近さんも劇中で活躍し、猿之助を襲名はしないものの猿之助一座?を支えていくといった雰囲気が感じられました。

ヤマトタケルは多分初演時の演出に近いと思いわるのですが、そのせいかちょっと長いかなあ~。もう少し整理してテンポよく筋を運んだ方がいいかもと思いました。それとゲキシネだと休憩が10分しかないので全部見たら疲れました。

新・猿之助さん?はよかったです。役者としては猿翁さんよりいいかも。私はヤマトタケルを観るのは初めてで、狐忠信を観たことはありますが、セリフをが早口過ぎてわかりづらいところがあったり、なんといっても猿之助さんが演出をしているので、なんとなくですが舞台全体に神経が行き届いているように感じました。その点、新・猿之助さんは自分の役にどっぷりハマり込んでいてそれがかえっていいような気がしました。

演出は宙乗りなどが、当時歌舞伎なのにとかなりバッシングを受けていたような覚えがあるのですが、今見ると、現在、歌舞伎で斬新だと言われている人があれもこれもやっている、多分これを見て取り入れたんだよねって思いました。何でも最初にやった人が偉いと思います。

最後にカーテンコールがあり猿翁さんが出てきましたが、決していい健康状態だとは思えないのですが、客席を睨むときの気迫がすごいのです。今、数々の苦労が報われたと思ってらっしゃるかも…。   
いろいろな面で、改めてすごい人だなあと思いました。



「シレンとラギ」  これは劇団新感線ですが、いつも書きますが江戸時代の歌舞伎がこういうものだったんでしょう。さしずめ中島かずきさんは近松門左衛門か鶴屋南北といったところでしょうか。

2幕目が物足りないという評もあったのですが、私はあれで満足です。1幕に広げた話が収束していきます。私のイチ押しの蛮幽鬼ほど2幕が派手ではありませんが、ああいう収め方もあるなあと思います。

しかしなんといっても出演者がすごい。一番びっくりしたのは高橋克実さん。舞台は初めて観ましたが、すごいですね~。悪役でしたが、TVとは全然違います。生で観たらもっとすごかったんでしょうねえ。

それと永作さんも上手。あんなに小柄なのに声が良く通って、長丁場の舞台でも少しも疲れたところがありません。安心して観ていられました。

藤原さんも舞台を観たのは初めてですが、この方はもともと舞台人としての評価が高いので、噂通りだな~という感じでした。

最近NHKの「あまちゃん」で完全に全国区(もしたしたら大和ハウスのCMのほうですでに全国区かも)になったと思われる古田新太さん、ふてぶてしい役がほんとうに旨い。TVより舞台のほうがもっと生き生きしていらっしゃったように思いました。

この後、来年ですが五右衛門シリーズで三浦春馬さん、蒼井優さん出演のゲキシネがまたあります。そして上映は限られますが、かつての作品もただ今レパートリー上映しています。2000円と映画よりちょっと高いですが、気になる方はぜひ御覧くださいね~。








nice!(0)  コメント(0) 

「ヘルタースケルター」 観ました。 [映画]

erika.jpg

レンタルで観ました。
面白かったですよ。この題材で撮れるのは蜷川実花さんしかいない、この りりこの役をやれるのは沢尻エリカしかいないと思わせる映画でした。

原作を読んでないのでなんとも言えないけれど、いろいろな衣装、異様な背景(セット)に違和感なく存在できるのはさすがエリカ様という感じです。あれだけの衣装を着こなせるすごさ、美しさ。やっぱりきれいですよね~。アメリカ人の好きなグラマータイプじゃないけれど、日本人の好きな美しさだと思います。

大人の事情も有るでしょうから、冒頭から上半身のハダカはあるし、ベッドシーンもしっかりあります。でもなんかそうゆうお約束ごとはさっさと済まして、残り9割で映画そのものを撮ろうとしたように感じました。

エリカ様はもちろんですが、桃井かおりさんの女社長よかったです。すごい存在感ですよね。大森南朋さんもよかったし、寺島しのぶさんもよかった。

ただこの原作を書いた岡崎京子さんは多分命を狙われたっぽいので、整形外科でのいろいろな内情がある程度あたってるんでしょう。コワイですね~。

最初に書いたとおりの場面があるので映画館では躊躇して見れなかった人は多かったと思いますが(私がそうでした。)、映画として面白いので迷っていた人は観て欲しいです。


追記

よくヤフーの映画評を見るんですが、蜷川実花監督にみなさんきびしいですね~。「さくらん」のときもそうだったけど…。男性が見ると嫌悪感を抱くのか、蜷川実花さんを監督として認めたくない人々がいるのかよくわからないんですけどね。
もっとひどい映画はいっぱいあるのに映画以前の評価を受けるわけが私には正直わかりません。皆さんどう思われますか?



nice!(1)  コメント(1) 

「フランケン・ウィニー」観てきました [映画]

本当は私は「レ・ミゼラブル」を再度観てその間にGotton Jr.が「フランケン・ウィニー」を見るはずだったんですが、年末に大掃除とかいろいろして疲れ3時間の長丁場に耐えられなさそうなので、Gotton Jr.と一緒に見ることのしました。ティム・バートン監督作品ですし。

なんだかじんわりするお話でした。主人公の少年は監督自身だとの話ですが、自作の映画を両親に見せるあたりは実際そうしてたんだろうなと思いました。お友達がいない所も。


そしてところどころに監督の好きな映画がちらほら。あれはゴジラ?あれはガメラ?あれはグレムリン?私はよく知らないのですがフランケンシュタイン映画の場面も入っているようです。

なんといっても犬のスパーキーがキモかわいいんです。蘇ってから水を飲んでもれるのも尻尾を振りすぎてちぎれるのもご愛嬌。ともかく少年を慕っています。あの裏表のないストレートな感情表現が心地いいんでしょうね。

ティム・バートン監督作品の中で、初めて観たシザーハンズと共通する物があるかもしれません。


そんなに不気味なアニメではないので、監督が好きな方はぜひどうぞ。



nice!(0)  コメント(0) 

沢尻エリカ主演 蜷川実花監督「ヘルタースケルター」 [映画]

蜷川実花監督が沢尻エリカ主演で映画を撮るそうです。
なんか素直によかったなあって思います。蜷川実花さんなら周囲の雑音を気にせずおもいっきり撮ってくれそう。沢尻さんの魅力を余すことなく表現してくれそうです。
そして窪塚洋介くんも出ます。この人もいい!TVの「池袋ウエストゲートパーク」でファンになりました。
いろんな意味でこの二人は映画のほうがいいかも。


蜷川実花さんの映画といえば  「さくらん」
神戸に観に行った時、小さな映画館でしたが満席でした。圧倒的に女性が多かったです。
蜷川カラー満載で、印象に残ったのは菅野美穂さん、木村佳乃さん。
遊郭が舞台で私としては面白かったんだけど、男性が観てどうなのかなあ~という感じでした。(濡れ場がエロくないとの評価です。認めます。)
でもね菅野美穂さんの表情、すごみがありました。あれを見たら女性をお金で買う気にならなくなるでしょうねぇ。男性監督ならああいう表情、撮らないだろうな~。
気になる方はレンタルか買うかしてみてください。


さくらん [DVD]

さくらん [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: DVD



nice!(2)  コメント(1)